島田歯科医院

tel:03-3716-1118 東京都目黒区鷹番3-18-18 東急東横線学芸大学駅下車西口商店街徒歩2分

診療ご予約フォーム

診療案内

スタッフブログ

患者さまの声

託児所ご利用案内

地図

本院QRコード

インプラント治療

インプラント治療をお考えの患者さまへ

当院では、専門医による高度なインプラント治療とコンピュータ解析を用いて、安全に生体に負担の少ない治療を心がけております。
インプラント治療を適切に行うには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。
そこで、治療前に病院でCT撮影を行うようお願いをしております。
病院でCT撮影を行い、当院はで最先端のコンピュータシステム(SimPlant)を使用して顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。
これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。

ページのトップに戻る

シンプラントとは

シンプラントとは?

シンプラント(SimPlant)とは、ヨーロッパで開発された最先端のインプラント治療計画システムです。当院では安全性と審美性を第一に考え、シンプラントを活用してより安心なインプラント治療を行っております。

なぜCT撮影が必要なのでしょうか?

歯医者さんでよく行うX線撮影は、歯の様子をみたり、虫歯の治療をするのにはとても役立ちます。 一方、インプラント治療においては顎の骨の硬さや形を調べることが重要になります。 顎の状態は、骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。 CTで撮影した画像からは、顎の骨の形や硬さが分かるだけでなく顎の病気や神経の位置なども調べる事ができます。

二次元と三次元の違い

パノラマ撮影(二次元)の画像CT(三次元)で撮影した画像

CT撮影するにはどうすればいいですか?

提携している近くの病院に、歯医者さんから予約をいれてもらい、病院に撮影に行きます。
CT撮影時間は数10秒ですが、全体の時間は、撮影した画像データの作成時間を入れて約30分~1時間とお考えください。 撮影前にお食事をなさってもかまいません。

CTで撮影した画像は、どう使われるのですか?

CTで撮影した画像は、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)に取り込まれ、 コンピュータ画面上で顎の状態を見ることができます。

実際の画像例

横断画像水平画像
パノラミック画像3D立体画像

このような画像を見ながら、担当医が治療方法を分かりやすくご説明いたします。

シンプラントの特徴

シンプラントとは、上記のようにインプラント術前にシミュレーションを行うことができます。パノラマ撮影だけでは、切開した骨の形態や骨質が予想とは微妙に異なっていたりする場合があります。そのような場合は、埋入位置や術式の変更をしなければならず、必要の無い箇所を切開したり、手術部位が多くなってしまうだけでなく、思わぬ事故にもつながります。シムプラントではそのようなヒューマンエラーを極限まで防ぐことができます。

サージガイドについて(SurgiGuide)

インプラントの埋入をコンピュータでシュミレーションしたものをそのまま使える ガイドのことをサージガイドといいます。
より正確な治療を目指す為に必要であると考えます。
これには以下の3つのタイプがあり症例によりオーダーを変えます。

→インプラント、シンプラントについてもっと情報のほしい方はこちら

ページのトップに戻る

インプラント紹介動画

☆動画を再生してください☆

ページのトップに戻る

インプラントQ&A

1. インプラントは、どんな治療方法ですか?

インプラントを埋入してその上に人口の歯をかぶせることで、 機能面や審美面の回復を行います。

インプラント(lmplant=植え付ける)は、人工歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療方法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、健康な歯のように噛むことができます。つまり、噛むことの機能性と見た目の審美性をともに回復できます。

2. インプラントの素材は何ですか?

体となじみの良いチタンを使用しております。

インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。 チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

3. 従来の治療法とどこが違いますか?

自分の歯と同じようにかめるだけでなく、 残っている歯にも負担が少ない治療法です。

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣りの歯を削って土台とする『ブリッジ』、または、『総入れ歯』や金具で固定する『部分入れ歯』などがあります。 しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり入れ歯に違和感を感じたり入れ歯が動いたりする場合があります。 また、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数が経つにつれて次第にやせていきます。こうした問題を解決するのがインプラントです。インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物をかんだり、話したりできます。また、残っている歯にかかる負担が少ない治療法です。

インプラントはこんな場合にお薦めします。

健康な歯を削りたくない

歯が一本抜けた場合、両隣りの健全な歯を削ってブリッジにします。

入れ歯に違和感を感じる
入れ歯を不快に感じたり、入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。

入れ歯が動く

かみづらかったり、発音・発声に不便を感じたりする場合があります。

両隣りの健全な歯を削りません

歯の抜けた所へインプラントを埋入し、自然な歯の形を作ります。

歯の抜けた所へインプラントを
埋入します

金具付きの入れ歯ではないので、自分の歯のようにかむことができます。

入れ歯をしっかり固定します

数本のインプラントを埋入し、そこに入れ歯を固定するため、よくかめます。

4. 実際の治療はどのように行われますか?

診断、手術、骨との結合、歯の装着の4ステップ。

インプラント治療は以下の図のように4つのステップで行われます。 まず、担当の歯科医師と治療方法等をよく相談していただきます。 埋入手術の処置時間は約30分~120分です。その後、約3~6ヶ月間、インプラントが周囲の骨となじむまで、定期的に検診を行います。 そして、周囲の骨にしっかり固定されたのち、人工の歯をかぶせます 。

1. 診断と治療計画

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。

2. インプラント手術

歯が抜けた所ヘインプラントを埋入した後あごの骨にしっかりと固定されるまで、約3~6ヶ月間待ちます。

3. 人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

4. 完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一回は定期検診を受けてください。

5. インプラント手術に伴う痛みは?

手術は局所麻酔下で行いますので、ほとんど痛みはありません。インプラント埋入手術の処置時間は約30~120分です。

6. インプラントの寿命は、どのくらいですか?手入れは?

長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行って下さい。

インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。 長持ちされるために最も重要なことは、自分の歯と同じような毎日の手入れです。 指導された正しいブラッシング方法で磨き、半年に一度は必ず定期健診を。 インプラントは歯が歯周病になるのと同じような症状になったり、かみ合わせが 悪くなったりする場合があります。定期的な検診は必ず受けましょう。

7. インプラント治療は誰でも受けられますか?

お口の状態や体の健康状態によって判断されます。歯科医師とご相談ください。

年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。 ただし、あごの骨の状態によっては、治療を受けることができない場合があります。 また、歯周病の場合は、残っている歯の治療を行ってからインプラントをすることになります。 他の病気や健康状態によっても受けられない場合がありますので、歯科医師とよく相談ください。

8. 治療期間はどのくらいかかりますか?その間の歯はどうなりますか?

インプラントを行った数によって差がありますが、約4~12ヶ月間です。 期間中は仮の歯を入れるので生活に支障はありません。

心配な治療期間中の歯ですが、仮の歯や仮の入れ歯を入れることで、食事や会話に問題が起きないようにします。 治療中も快適に過ごせるのがうれしい点です。

9. 治療費はどのくらいかかりますか?

保険のきかない自由診療です。また、治療内容によって費用は異なります。

インプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険は使えません。実際の治療費は、使用するインプラントの本数や種類、かぶせる歯の材質や方法によって異なるので、歯科医師とよくご相談下さい。

10. 手術後、注意することは?

手術後、数日間は歯科医師の指示に従って安静に。食事にも配慮を。

手術自体は麻酔をして行うので、ほとんどの場合、痛みもありませんが、 麻酔が切れてからの痛みや手術後1~2日、痛み・腫れが出ることがあります。 歯科医師の指示を守り安静にする他、食事もかたい物を避けるなどの 配慮をしましょう。

ページのトップに戻る