お知らせ

歯のクリーニングってよく聞くけど何をするの?
POSTS


皆さまは「歯のクリーニング」という単語を耳にするかと思います。

しかし、「クリーニング」と一言で言っても、その内容は「スケーリング」「歯石取り」「エアーフロー」に「ジェットクリーニング」「PMTC」・・・などなど、様々なキーワードに分類されます。

これらのキーワードは、病院によっても呼び方が変わりますし、患者さんの口の中の状態によっても対象・対象外に分けられます。

さらに困ったことに、保険?保険外?そういった違いもあり、混乱してしまう方も多いはずです。

今回はそんな歯のクリーニングに対する疑問を解消するために、それぞれ細かく説明していきます。

1.エアーフローとジェットクリーニングとPMTCはどう違うの?

クリーニングについて調べていくと「エアーフロー」や「ジェットクリーニング」、「PMTC]など多くのカタカナ言葉を見かけます。

歯科医院のホームページを見てもクリーニングと書いてあるところもあれば「エアーフロー」と書いているところもあり、ちょっと難しいですが、それぞれ分けて説明すると次のようになります。

■エアーフロー(ジェットクリーニング)

これは、細かなパウダー状にした炭酸水素ナトリウム(縦走)やグリシン(アミノ酸の一種)を、強力なジェット水流で歯に吹きつけて汚れを落とす器具のことを指します。

歯の表面に付着した細菌のかたまりである「バイオフィルム」や、「茶渋」「タバコのヤニ」といった着色などを、水圧とパウダーの力ですみずみまで落とすことができます。

「エアーフロー」や「ジェットクリーニング」といった単語は同じ施術のことを指すのですが、医院や導入している器具のメーカーによって呼び名が変わります。

 

■PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

これは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略称で、歯科の専門的な器具・材料を使って歯の掃除をし、口の中の環境を整える一連の治療のことを指します。

デンタルフロスや歯間ブラシでの清掃に加え、ブラシやゴム製のチップを先端に取り付けた器具を使って歯の表面を研磨し、フッ素などが配合されたペーストで歯の環境を整えます。

専門家によるはの清掃という意味で、PTC(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)と呼ぶ場合もあります。

1-1 機械を使って行う歯面の清掃はすべてPMTC

エアーフロー・ジェットクリーニングはPMTCよりも後にできた新しいクリーニング方法です。

前述したように、エアーフロー・ジェットクリーニングとPMTCは汚れの落とし方が違うため、厳密には別の施術と言えるのですが、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は”機械で行う歯のクリーニング”という意味なので、医院によっては超音波を使った「スケーリング」や「エアーフロー・ジェットクリーニング」なども、まとめて「PMTC」と呼んでいる場合もあります。

1-2 「クリーニング」は歯を清掃する施術の総称

クリーニングをしようと検索しても医院によって「クリーニング」と書いているところと「PMTC]と書いているところがあります。

PMTCは専用の機器が用いられるのに対し、クリーニングは歯科医院によって歯石を落とすスケーリングだったり、PMTCだったり、あるいはそれらのセットであったりします。

ではここで、実際にあるクリーニングの流れの一例を紹介します。

〈クリーニングの施術例〉

① プラークの染出し

② スケーリング(歯石除去)

③ エアーフロー、ジェットクリーニング

④ PMTCで研磨

⑤ トリートメント、フッ化物塗布

 

プラークの染出しはご家庭でもやられている方もいるかもしれません。

これは、歯についた汚れに色をつける特殊な薬剤を使って、汚れが残っている部分を分かりやすく示し、普段のブラッシングで磨けていない弱点を把握するのに使います。

そして、この染出しを元に、どうやったら今後、この赤く染まった部分まで自分でしっかり清掃できるようになるかのアドバイスをします。

その次に、この赤く染まった部分目がけて超音波の器具などを使って汚れを落としていきます。

もし、これでも落としきれないような大量の着色があったり、細かい歯の溝や隙間などに汚れが残っている場合は、エアーフローを使って汚れを落としていきます。

それらが終わったら、次はいよいよ「PMTC」の登場です。

ブラシやゴム製の消しゴムのような先端をした機器を使って歯の表面、歯間、歯茎などすみずみまで綺麗に仕上げの研磨をしていきます。

最終的に仕上げの研磨を行うことで歯の表面がツルツルになり、汚れがつきにくくなるのです。

この一連の流れは歯医者さんによって異なります。

なので、詳細はかかりつけの歯医者さんに問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

2.エアーフロー・ジェットクリーニングのメリットとデメリットは?

■エアーフロー・ジェットクリーニング

≪メリット≫

量の多い着色や、細かい所まで入り込んでしまった汚れなども、細かいパウダーを吹き付けることで一気に落とすことができる。

≪デメリット≫

口の中が粉だらけになってしまう。

水圧が歯茎に当たるとチクチクと痛む。

■PMTC

≪メリット≫

歯の表面をツルツルに仕上げ、汚れを付きにくくすることができる。

少量の汚れであれば、これだけで全て落とすことができる。

≪デメリット≫

量の多い汚れを落とすには時間がかかる。

細かい部分までは器具が届かないこともある。

2-1 エアーフロー・ジェットクリーニングのメリット

クリーニングでは落とせないレベルの着色汚れ、タバコのヤニ、コーヒーによるステインなどをきれいにすることができます。

こびりついたようなひどい汚れがある場合、ホワイトニングをしても思ったように効果が出ません。

ホワイトニングをしようか悩んでいる方は、その前に一度エアーフローを体験してみることをおすすめします。

1回30分~90分の施術で自分の歯本来の白さを取り戻すことができます。

また、歯茎の周りや歯周ポケットの中など、細かい隙間にある細菌のかたまりを分解する力があるので、歯周病の予防にも効果的です。

2-2 エアーフロー・ジェットクリーニングのデメリット

前述した専用のパウダーには塩の粒子が含まれており、レモンなどの風味を付けているものもありますが、この独特な味が苦手な方もいらっしゃると思います。

また、強めの水圧で汚れを落としていくため、施術中に舌や歯茎に当たるとチクチク痛みます。

中には、このチクチク感が辛い方もいらっしゃると思うので、あまり辛い場合は素直にスタッフに伝えましょう。

決して無理をせず出来る範囲で行うことが、快適にクリーニングを続けていくコツだと思います。

 

3.エアーフロー・ジェットクリーニングっていくらくらいで出来る?

エアーフロー・ジェットクリーニングの相場

基本的に「エアーフロー・ジェットクリーニング」は自由診療なので、内容や費用は歯医者さんによって異なります。

 

例えば、東京都内の歯科医院で「エアーフロー」を行った場合、だいたい4000~6000円程度の相場と考えていいと思います。

しかし、これはあくまで目安になるため、プランの内容や施術にかける時間によって、もっと値段が安い医院や高い医院もあります。

実際、エアーフローは表面の汚れや着色を落とすもので、歯石のように分厚く固まってしまったものを取り除くことはできないため、ほとんどの場合は保険内で歯石取りを受けてから、あるいはPMTCと組み合わせて行うことが多いようです。

これも、医院や患者さんのお口の状況によって変わってきますので、かかりつけの歯医者さんに問い合わせてみるのが良いと思います。

 

4.よくあるクリーニングの疑問

4-1 クリーニングでの歯の削れは心配しなくて良い?

通常、人の歯の表面は顕微鏡で拡大してみると全体的にデコボコしていて、どうしてもこのデコボコに汚れや着色がついてしまいます。

クリーニングの目的は、このデコボコの表面についた汚れを落とした上で仕上げの研磨をし、汚れを付きにくくすることです。

PMTCやスケーリングの施術中は、結構音が響いたり振動を感じたりするので、中には歯が削れてしまうのではないかと心配する方もいます。

しかし、実際には歯を傷付けるほどの力を持っていません

例えば、スケーリングに使う超音波の器具は、非常に細かい振動なので、甲高い音が響いて不安になるかもしれませんが、施術には適切な技術を身に着けた専門家が携わっているので、歯に対するダメージを心配する必要はほとんどありません。

また、普段の生活で使われているやわらかいナイロン製の歯ブラシでは歯が削れることもありません。

削れる原因となるのは歯磨き粉に含まれる研磨剤です。

研磨するたびに4ミクロン(0.004ミリ)ずつ削れていくと言われています。

歯の際表面にあるペリクル層は日々削れ、再生することを繰り返しているので、4ミクロンの削れをそれほど心配する必要はありません。

 

4-2 クリーニングの新しい考え方と施術

デコボコを削って平らにすることで歯の表面に汚れが付きにくい状態にする従来のクリーニングから、最近ではデコボコの底を詰めることで平らにしていく方法が考えられているそうです。

歯科業界の未来に期待したいですね。

 

まとめ

さて、歯医者さんで行われるクリーニングにまつわる疑問は解消したでしょうか?

これらの違いが分かっていれば実際に施術をお願いする時に自分がどうしたいのかが伝えやすいですし、料金についても内容と比較して妥当かどうかを見極めることができます。

ぜひ、実戦でお役立てください。

また、クリーニングだけでは白さが足りない、着色がひどくて一定の色よりも白くならないという場合は、ホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。

ホワイトニングも種類と価格は様々なので、ホワイトニングにも興味がある方はしっかりと下調べをして後悔のないホワイトニングをしてください。

 

 

投稿日:2018年4月11日  カテゴリー:お知らせ

 || 
島田歯科医院

〒152-0004 東京都目黒区鷹番 3-18-18

最寄駅
東急東横線 学芸大学西口 徒歩2分
03-3716-1118

メールで問い合わせ

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:00~17:30 × ×

△…土曜午後は17:00まで 休診日…木曜、日曜、祝日

最新のお知らせ

≫ お知らせ一覧を見る

ドクターズファイル 託児所

ページトップ